無窮洞(むきゅうどう) は子供たちが掘った防空壕 汗と涙の結晶が今も残る

当ページのリンクには広告が含まれています。

無窮洞(むきゅうどう)は、太平洋戦争末期に約2年かけて、子供たちが掘った防空壕(ぼうくうごう)です。

我が家の周辺で一番近い戦争遺跡であり、大きな観光地ではありませんが、驚きの洞窟です。

太平洋戦争中、1943年(昭和18年) 8月29日に作業を開始して、敗戦(終戦)の1945年(昭和20年)8月15日までの約2年間の歳月をかけています。

主洞は、幅約5m、奥行き約20mもあり、教壇、教室、トイレや炊事場、避難道まで設けています。

子供たちが、つるはしなどで掘ったことや、想像以上に頑丈でりっぱなものに驚きます。

洞窟内の荒削りの岩肌から、当時の子どもたちの汗と涙の結晶を感じることができます。

無窮洞が作られた経緯や時代背景、建設した労力などを考えると貴重なものです。

後世に、歴史、戦争、平和、先人の苦労などを考えるきっかけとなると思います。

またそうすることによって、先人のご苦労も報われることでしょう。

無窮洞の入口

無窮洞入口

岩に彫られた無窮洞(右側から読む)

窮の文字は略字のようです

発案された当時の校長先生が命名、入口の岩の壁面に書かれた無窮洞の文字も先生が書かれたそうです。

外国人ゲストを機会あるごと案内しましたが、ほとんどの方が驚かれました。

中には感動して洞窟の入口に置かれているノートに積極的に記帳したり、募金をする人もいました。

外国人にかかわらず、日本人でも戦時中を知る高齢者や想像できる人であれば感慨深いのではないでしょうか。

目次

無窮とは窮(きわ)まり無い、永遠という意味 永遠に子供たちを守る洞窟

無窮洞内部、入口付近

入口からすぐの主洞 想像より広い

子供たちが掘ったなんてすごすぎます

無窮洞(むきゅうどう)の無窮とは窮(きわ)まり無い、つまり永遠、永久という意味です。

無窮洞は永遠に子供たちを守る洞窟ということです。

この防空壕(ぼうくごう)の目的は、太平洋戦争中の米軍の空襲から、地域の宝であり将来がある子供たちを永遠に守るためでした。

無窮洞を掘った道具類

使用された道具類、ノミ、金槌、ツルハシ、鍬、ガンヅメ、ホゲ

手作業の証拠です

無窮洞内部の掲載写真

洞窟内部の壁に掲載されている当時の写真

無窮洞の壁の明り棚

しゃれた灯り棚

こういう精細な部分は、ノミと金槌を使い大人(教師や校長)が仕上げました。

無窮洞の内部にある水飲み場

岩をくりぬいた水飲場

岩層でろ過されたきれいな水が染み出すのを利用して水飲み場が造られた。

無窮洞内部の教壇

岩をくり抜いて作られた教壇と壁

教卓は、岩がもろいため、固い石の板をのせて造られている。

壁の穴は黒板を取り付け跡でしょうか

無窮洞の教壇広報の壁面

教壇の後方の壁の下部 しみ出した水

冷たくてきれいな水

無窮洞最深部のかまど

最深部にあるかまど、調理流し台

階段から左上部の避難道に接続

無窮洞の最深部にある避難道

現在は使われていない避難道

裏山と洞窟の両方から掘ってみごと開通! 開通した時、万歳や喜びの声であふれたとのこと。

そりゃそうでしょう! 工事業者ではない、子供たちで掘ったのですから。

無窮洞の最深部にある避難道、らせん状に掘られている。

らせん状になっています。

無窮洞の避難道、裏山の出口の様子

山には出口が今もあるという

現在は藪の中にあり道もなく荒れていて見学はできません

無窮洞の敢闘門(かんとうもん)、これが唯一の出入口。

出入口はここだけ 敢闘門(かんとうもん)

無窮洞の嘗胆門(しょうたんもん)

敢闘門の右側にある嘗胆門(しょうたんもん)

空気取り入れ口としても使われた

無窮洞の壁面の文字、「無窮洞」右側から読む。

一度消されてまた書いたとのことですが

岩を削って彫るのだから簡単ではない

無窮洞の駐車場横にあるトイレ

駐車場(無料)の横にあるトイレと自動販売機

無窮洞の案内所詰所

ボランティアの方が待機されています

無窮洞の遠景

対岸より無窮洞遠景

観光バスの観光客が見える

無窮洞の近くには、梅ケ枝酒造(うめがえしゅぞう)という古い歴史がある造り酒屋があるので、セットで観光されるといいと思います。

酒造内見学や試飲や購入もできるのでおすすめです。

無料駐車場があるので車で移動してもよいですが、天気が良ければ散歩がてら歩いても良いと思います。徒歩約5分です。参考にしてください。

梅ケ枝酒造公式サイト (一部製品は通販もあります)

無窮洞に関する参考サイト ほとんど同じ内容があり整理してみました

参考になるサイトをご紹介しますが、似たようなサイトがあり迷子にならないようにまとめましたので参考にしてください。

説明文と掲載写真がまったくといっていいほど同じです。時間の無駄にならないように説明文は引用させていただきます。

動画のみ閲覧される方のために紹介させていただきます。

リポーターの諸岡なほ子さん、ボランティアガイドの(故)茅原勇さん 佐世保市の前市長の朝長則男さん

佐世保市長が乗車されている車には、九十九島と無窮洞の写真が塗装されています。

下記のサイトで説明されている文章はまったく同じですので以下に引用させていただきました。

『無窮洞(むきゅうどう)』とは、第二次世界大戦のさなか(1943年)、当時の宮村国民学校の教師と小学生たちが掘った巨大な防空壕のことです。

中は幅約5m、奥行き約20m、生徒500人が避難できたというほどの大きさ。避難中でも授業や生活ができるように、教壇まで備えた教室をはじめ、トイレや炊事場、食料倉庫、さらには天皇の写真を奉ずる御真影部屋まで設けてあり、戦時下の時代背景を知ることが出来ます。

当時4年生以上の児童がツルハシで堀り進み、女子生徒がノミで仕上げたといわれ、工事は昭和18年8月~終戦の昭和20年8月15日まで続けられたそうです。

天井は小学生の手によるものとは思えないほど、美しいアーチを描き、平和の祈りが聞こえてきそうな趣きの『無窮洞』。

市街地からは少し離れますが、ぜひお立ち寄りになって中をご見学ください。

佐世保・小値賀 「海風の国」

佐世保観光コンベンション協会サイト

無窮洞 同内容で動画を視聴する必要がない方はこちらのページ

https://www.sasebo99.com/tour/100001

ながさき旅ネット 無窮洞 (写真・内容ともに上記と同じ)

一般社団法人 長崎県観光連盟サイト

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/61274

その他の参考サイト

西日本新聞の記事 2018年7月9日

児童が手作業で掘削 防空壕跡の無窮洞

https://www.nishinippon.co.jp/item/o/431429/

無窮洞の位置(グーグルマップ)と問合せ先

交通アクセス
バス JR佐世保駅から西肥バス「川棚バスセンター行」約45分、宮支所入口下車後徒歩約3分
JR  JRハウステンボス駅からタクシーで約5分もしくは徒歩約30分

住所

〒859-3237 長崎県佐世保市城間町3-2

無窮洞顕彰保存会
0956-59-2003

佐世保市宮コミュニティセンター(旧宮地区公民館)

0956-59-2676

見学受付時間 9:00~16:30

見学可能時間 9:00~17:00
休日 年末年始
駐車場 無料

グーグルマップ 無窮洞の地図

目次